和+α
いまさら人には聞けない、様々な雑学を紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイエットと肌荒れについて

●ダイエットと肌荒れについて
 ダイエット中は摂取カロリーを控えている方が多く、脂質の摂取量も少なくなります。中には油を抜いてしまう方もおられるようです。
 脂質はダイエットの敵と思われがちですが、脂質が減ると、肌の潤いが失われ、カサカサになったり、吹き出物がでたり、肌が荒れてしまいます。
 やはり必要な摂取量は摂る必要があります。
 
 【脂質の効果】
 1)便秘の緩和。
 2)肌の潤いを保ち、肌荒れの防止。
 3)ビタミンA、D、E、Kの吸収率をアップさせる。
 4)ホルモンバランスなど、身体の各機能の調節。

[PR]
毎日飲んでるお茶を変えるだけ。簡単・おいしい健康習慣はじめませんか?


スポンサーサイト

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ

  1. 2008/04/25(金) 22:29:57|
  2. メタボリック

メタボ予防 【睡眠・休養】

【睡眠・休養】
 睡眠不足や慢性的な疲労はホルモンのバランスを乱すなど、脂肪が蓄積しやすい身体になってしまいます。
 睡眠や休養はしっかりと取りましょう。



テーマ:メタボリック - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/04/21(月) 19:06:54|
  2. メタボリック

メタボリックシンドロームの予防 【運動】

●メタボリックシンドロームの予防
 =有酸素運動と無酸素運動=
 運動には「無酸素運動」と「有酸素運動」があります。

 無酸素運動は、例えばスクワットやウエイトトレーニングなどのように、集中的に力を使う運動。体内でほとんど酸素を消費しないので「無酸素運動」と呼ばれています。
 筋力を強化するには有効な運動です。

 一方、ウオーキングや水泳・水中ウォーキング、サイクリングなどのような運動は、体内で大量の酸素を使うので「有酸素運動」と呼ばれています。
 脈拍数が1分間に110?120を超えないのを目安に、軽く汗ばむ程度の運動です。

 メタボ対策には脂肪を燃焼させることが大切ですが、脂肪を燃焼させてエネルギーに変えていくためには酸素がなくてはなりません。有酸素運動はその酸素を取り入れて行う運動で、体脂肪を減らすことができます。

 以前は「運動を開始してから20分が経過しないと体脂肪燃焼効果はない」といわれていました。
 しかし最近では、30分運動を続けた場合と、10分ずつ3回に分けて運動した場合を比べてみても、最終的なエネルギーの消費量はほとんど差がないとされています。
 これなら駅まで歩く時間や買い物に出かける時間などをうまく使えば無理せず続けられますよね。

 ただし最初にも書きましたが、効果をあげようと、より酸素を取り入れるべく「ハアハア」と呼吸が乱れるようなウォーキングなどをするのはダメです。逆にそれは無酸素運動となり、体脂肪燃焼効果が得にくくなってしまいます。
 ちょっと息が弾む程度、おしゃべりしながらできるくらいの状態が理想です。

きれいやせたい.com



テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/04/19(土) 20:33:53|
  2. メタボリック

メタボリックシンドロームの予防 【運動】

●メタボリックシンドロームの予防
【運動】
 ダイエットをすると脂肪だけでなく、筋肉も落ちてしまいます。
 散歩をしたり、エスカレーターを使わずに階段を使ったりするなど、身体を動かしましょう。

 特に有酸素運動(じっくりと汗ばむ程度のウォーキングや水中ウォーキングなど)は、日常の生活に取り入れやすく、効率的な運動です。




テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ

  1. 2008/04/17(木) 18:17:49|
  2. メタボリック

メタボリックシンドロームの予防 【食事】

●メタボリックシンドロームの予防
【食事】
 食事を抜くと、身体は危機感を感じて次に食事をする時に一層吸収してしまいます。
 朝食を抜いて、夕食をたくさん食べるとかえって太りやすくなりますので、1日3食をきちんと取りましょう。

 甘いものや油っこいものの大量摂取は控え、食べ過ぎないように気をつけてください。






テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ライフ

  1. 2008/04/13(日) 18:14:07|
  2. メタボリック

1日の摂取エネルギー量の目安

●1日の摂取エネルギー量の目安
 ◆1日の摂取エネルギー量

 1日適正摂取エネルギー量(kcal)=標準体重(kg) × A

 [Aに入る数字について]
 ・ダイエットの必要のない人・・・30?35
 ・ダイエットの必要な人・・・25
 ・コレステロール値やトリグリセリド値が高い人・・・25?30

 例1)身長162cmでダイエットが必要な人の場合
   57.7×25=1442.5

  1日の摂取エネルギーは1442kcalを目安にします。


 例2)身長162cmでコレステロール値が高い人の場合
   57.7×25=1442.5

   57.7×30=1731

  1日の摂取エネルギーは1442kca?1731kcalの範囲内を目安にします。






テーマ:ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/04/12(土) 15:46:29|
  2. メタボリック

1日の摂取エネルギー量の目安

●1日の摂取エネルギー量の目安
 ダイエットをするとはいえ、過度の食事制限等をすると健康を害してしまいます。
 必要な摂取エネルギー量をきちんと把握した上で、その量を超えすぎないようにすることが大切です。そうすれば、毎日の食事も楽しく、ダイエットも効率よく行えますね。

 ◆標準体重

 標準体重(kg)= 身長(m)× 身長(m)× 22

 例)身長162cm の人の場合
   1.62×1.62×22=57.7368

   162cmの人の標準体重は57.7kgです。

[PR]
2週間で─9cm!テレビ・雑誌でも話題!【洋子の骨盤らくらくウォーキング】




テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/04/09(水) 19:18:16|
  2. メタボリック

内臓脂肪型肥満?皮下脂肪型肥満?

●内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満について
 内臓脂肪はお腹の周りにつきやすく、どの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。

【内臓脂肪型肥満】
 内臓の周りに脂肪がつき、お腹が丸くポッコリ出るタイプの肥満です。
 この体型は女性よりも男性に多く見られ、その体型から「リンゴ型肥満」とも、「中年太り」とも呼ばれています。

【皮下脂肪型肥満】
 腰のまわりやお尻、太ももなどの下半身を中心に脂肪が溜まるタイプの肥満です。
 女性に多く見られ、その体型から「洋ナシ形肥満」とも呼ばれています。

 メタボリックシンドロームに大きく影響する内臓脂肪ですが、運動や食生活など生活習慣次第で減らすことができます。

[PR]
きれいやせたい.com


テーマ:ダイエット!ダイエット!ダイエット! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/04/05(土) 14:18:02|
  2. メタボリック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。