和+α
いまさら人には聞けない、様々な雑学を紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メタボリックシンドロームの予防 【運動】

●メタボリックシンドロームの予防
 =有酸素運動と無酸素運動=
 運動には「無酸素運動」と「有酸素運動」があります。

 無酸素運動は、例えばスクワットやウエイトトレーニングなどのように、集中的に力を使う運動。体内でほとんど酸素を消費しないので「無酸素運動」と呼ばれています。
 筋力を強化するには有効な運動です。

 一方、ウオーキングや水泳・水中ウォーキング、サイクリングなどのような運動は、体内で大量の酸素を使うので「有酸素運動」と呼ばれています。
 脈拍数が1分間に110?120を超えないのを目安に、軽く汗ばむ程度の運動です。

 メタボ対策には脂肪を燃焼させることが大切ですが、脂肪を燃焼させてエネルギーに変えていくためには酸素がなくてはなりません。有酸素運動はその酸素を取り入れて行う運動で、体脂肪を減らすことができます。

 以前は「運動を開始してから20分が経過しないと体脂肪燃焼効果はない」といわれていました。
 しかし最近では、30分運動を続けた場合と、10分ずつ3回に分けて運動した場合を比べてみても、最終的なエネルギーの消費量はほとんど差がないとされています。
 これなら駅まで歩く時間や買い物に出かける時間などをうまく使えば無理せず続けられますよね。

 ただし最初にも書きましたが、効果をあげようと、より酸素を取り入れるべく「ハアハア」と呼吸が乱れるようなウォーキングなどをするのはダメです。逆にそれは無酸素運動となり、体脂肪燃焼効果が得にくくなってしまいます。
 ちょっと息が弾む程度、おしゃべりしながらできるくらいの状態が理想です。

きれいやせたい.com

スポンサーサイト


テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/04/19(土) 20:33:53|
  2. メタボリック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。