和+α
いまさら人には聞けない、様々な雑学を紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花粉症のメカニズム

●花粉症のメカニズム
 花粉は本来、人間にとって有害なものではありません。
 しかし、花粉を大量に吸うことで、体が花粉を“有害である”と認識してしまうことがあります。そうすると、体を守ろうと免疫機能が働き、花粉(アレルゲン)を体の外に排出しようとして、鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった症状が起こります。


【花粉症のメカニズム】
花粉(アレルゲン)が体内に侵入してくると、体が有害なものかどうか判定をします。
   ↓
体が有害と判定した場合、花粉(アレルゲン)を排除しようとIgE抗体を作り出します。
   ↓
IgE抗体が鼻の粘膜にある肥満細胞と結合します。
   ↓
発症準備段階に入ります。
その後、さらに花粉に接触していると肥満細胞からヒスタミン(炎症物質)が分泌されます。
   ↓
体の中へ花粉(アレルゲン)を入れないように防御反応(くしゃみや鼻水などの花粉症の症状)が働きます。
   ↓
一度アレルギー反応が起こると改善が困難です。
スポンサーサイト

テーマ:花粉症対策 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2007/02/16(金) 17:47:55|
  2. 花粉症

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。